冠婚葬祭: 仏式の焼香の仕方

線香の上げ方

  1. 喪主、親族等に一礼して祭壇前に進む。
  2. 座布団の前に座り(香典を右に置いてから)、霊前に一礼する。
  3. 両手をついて席ににじり出る。(香典の表書きを自分の方に向けてから供える。)
  4. 線香を一本取り、ろうそくから火をつける。
  5. 線香に火がついたら、左手で静かに仰いで消す。息を吹きかけないこと。
  6. 香炉に線香を立てる。
  7. 合掌して一礼した後、両手をついたまま、静かに下がる。

※告別式以外の弔問や、時間にゆとりのある通夜の時には線香をあげる。

座礼焼香

  1. 礼をして立ち、僧侶と家族に一礼。
  2. 焼香台の座布団の前に座り、深く一礼。両手をついて席ににじり出る。
  3. 抹香は右手の親指、人差し指、中指でつまみ、ひたいに香を捧げ、香炉にくべる。
  4. 一度または三度度焼香をしたら合掌。
  5. 顔をあげて霊前に一礼し、数歩下がって僧侶と遺族に一礼し、席に戻る。

立礼焼香

  1. 一歩前に出て、僧侶と家族に一礼。
  2. 焼香台の前に立ち、霊前に一礼。手前まで進んで合掌。
  3. 抹香は目の高さまで捧げ、香炉にくべる
  4. 合掌後、数歩下がって向きを変え、戻る。
 スポンサードリンク
 
 

一般ビジネスマナー

ビジネスお役立ちサイト

新聞社リンク集
日本・海外の新聞社リンク集
ケイコとマナブ.net
将来役立つ資格・技能を!
Vector
パソコンソフトウェアのダウンロードサイト
インターネットリソース
語学検索・辞書検索ガイド
イーブックオフ
日本最大 オンライン中古書店
えきから時刻表
鉄道時刻表・乗り換え案内
TABICA(たびか)
家族で自然体験!思い出の旅

Sponsored Link

 
 
 

Copyright © 2006-2012   ビジネスマナーマニュアル.   All rights reserved.

HOME  >  冠婚葬祭  >  仏式の焼香の仕方