接客

昔から「目は口ほどに物を言う」と言われるように、言葉で話すことだけが意思表示とは限りません。

アメリカの心埋学者によると、人の印象のコミュニケーションに占める割合は、言葉(話の内容)は僅か一割にも満たず、話し方(声のトーン・速さ)が約4割、態度・動作表情などボディーランゲージが約6割を占めるといわれます。

つまり、人の印象は、話の内容よりも目や耳で評価している部分が非常に大きいといえます。

  スポンサードリンク
  
 

『接客』 に関するビジネスマナー 一覧

挨拶・お辞儀
挨拶、お辞儀は社会人として基本中の基本のマナーです。一口に、挨拶、お辞儀といっても敬礼や会釈、握手等...
名刺
日本のビジネス社会では、名刺は会社の顔であり、その人の顔です。名刺入れは、財布や定期入とは別に用意し...
敬語の種類
社会人になって一番なじみにくいのが敬語だと感じるでしょう。敬語は、社会的地位の差や年齢・経験の違いを...
ビジネス会話
ビジネスに限らず対人関係でも、自分の意見や考えを相手に正しく理解してもらうことは大切です。また、会話...
来客・訪問
初対面の場合は、相手の性格や気持ちがわからないだけに気を使いますが、相手も同じです。誠意を込めて接す...
席順
応接室、宴席、食事から乗り物にいたるまで、意外と間違いやすく、ややこしいのが席順です。 一番良い席を...
会議
会社は組織である以上、重要な討議や決定は会議で行います。しかし要領を得ない無駄な会議の繰り返しに悩む...
 スポンサードリンク
 

一般ビジネスマナー

ビジネスお役立ちサイト

ケイコとマナブ.net
将来役立つ資格・技能を!
インターネットリソース
語学検索・辞書検索ガイド
新聞社リンク集
日本・海外の新聞社リンク集
Vector
パソコンソフトウェアのダウンロードサイト
イーブックオフ
日本最大 オンライン中古書店
えきから時刻表
鉄道時刻表・乗り換え案内
オンライン動画講座ACT
本物のスキルを身につける

Sponsored Link

 
 

リンク

 

Copyright © 2006-2012   ビジネスマナーマニュアル.   All rights reserved.

HOME  >  接客