服装・身だしなみ: ネクタイの選び方

ネクタイを選ぶときは、スーツとシャツに合わせて選びます。ネクタイは一般に一柄四色使いと言われますが、べースの色が紺(濃いブルー)、えんじ(ワインレッド)、濃いグリーンなどが無難です。特にえんじ色は万能で、茶系、紺系、グレー系のスーツに合います。

また、黄色のネクタイは相手に明るい印象を与えます。また赤系はアグレッシブな印象を与えるで、アメリカではここ一番という時の“パワータイ”として選挙演説などで身につける人も多い。

ネクタイの色で失敗しがちなのがボケた色で、地昧っぽいものにすると、全体の印象も薄くなります。どうしても色に自身のない人は、黒を基調にした小さめの白いドットのものが、オーソドックスでよいでしょう。

ネクタイの柄は小紋調か、小さめのドットが望ましく、大きめの柄だと、どうしても派手に見えがちになります。縞模様を選ぶなら縞の中に二、三色スーツと同じ系統の色が入っていると無難です。

 スポンサードリンク
 
 

一般ビジネスマナー

ビジネスお役立ちサイト

ケイコとマナブ.net
将来役立つ資格・技能を!
インターネットリソース
語学検索・辞書検索ガイド
新聞社リンク集
日本・海外の新聞社リンク集
Vector
パソコンソフトウェアのダウンロードサイト
イーブックオフ
日本最大 オンライン中古書店
えきから時刻表
鉄道時刻表・乗り換え案内
日本一売れている英語教材
30日間で英語耳になれる!

Sponsored Link

 
 
 

Copyright © 2006-2012   ビジネスマナーマニュアル.   All rights reserved.

HOME  >  服装・身だしなみ  >  ネクタイの選び方