ビジネスマナー Q&A: 上司に対する挨拶:「お疲れさま」か「ご苦労さま」か?

「ご苦労さまです。」と言う言葉は、場合によっては使用しますが、「ご苦労さまです。」というのは、ビジネスマナー上、原則的には立場の上の人が、立場の下の人に使う言葉です。立場の下の人が、立場の上の人に対しては、「お疲れ様です。」と言う方が丁寧です。

ただし、この使い分けは、一般的にビジネスマナー等で言われているだけであって、厳密にはこの使い分けは必ずしも定まっていないようです。

相手先など、「お疲れ様です。」という表現を避けたい場合は、「遅くまでありがとうございます」「本日はどうもお世話になりました」などの表現が丁寧です。

 スポンサードリンク
 
 

一般ビジネスマナー

ビジネスお役立ちサイト

ケイコとマナブ.net
将来役立つ資格・技能を!
インターネットリソース
語学検索・辞書検索ガイド
新聞社リンク集
日本・海外の新聞社リンク集
Vector
パソコンソフトウェアのダウンロードサイト
イーブックオフ
日本最大 オンライン中古書店
えきから時刻表
鉄道時刻表・乗り換え案内
日本一売れている英語教材
30日間で英語耳になれる!

Sponsored Link

 
 
 

Copyright © 2006-2012   ビジネスマナーマニュアル.   All rights reserved.

HOME  >  ビジネスマナー Q&A  >  上司に対する挨拶:「お疲れさま」か「ご苦労さま」か?