ビジネスマナー Q&A: 相手先からの電話:勤務時間後に帰宅した社員への電話に対する不在の伝え方は?

勤務時間後に帰宅した社員への電話の場合、その人は帰宅していても、相手先の人はまだ仕事していますから、一般的には
 「外出しておりまして、本日は戻らない予定になっております。」
などの表現を用いる方が無難でしょう。

特に立場が上の相手先など、相手先によっては、帰宅したと伝えることによって "帰宅しているとは何事か!" と怒られたり、また "この時間に帰宅して、仕事は大丈夫なのか?" と不信がられたりすることもあるでしょうから、帰宅したと伝えにくい時には、"外出して本日は戻らない"ということを伝える方がいいでしょう。

ただし、勤務時間からかなり時間が過ぎて、もう当然帰宅していても問題ない時間帯であるならば、帰宅した旨を相手先に伝えても差し支え無いはずです。

 スポンサードリンク
 
 

一般ビジネスマナー

ビジネスお役立ちサイト

ケイコとマナブ.net
将来役立つ資格・技能を!
インターネットリソース
語学検索・辞書検索ガイド
新聞社リンク集
日本・海外の新聞社リンク集
Vector
パソコンソフトウェアのダウンロードサイト
イーブックオフ
日本最大 オンライン中古書店
えきから時刻表
鉄道時刻表・乗り換え案内
日本一売れている英語教材
30日間で英語耳になれる!

Sponsored Link

 
 
 

Copyright © 2006-2012   ビジネスマナーマニュアル.   All rights reserved.

HOME  >  ビジネスマナー Q&A  >  相手先からの電話:勤務時間後に帰宅した社員への電話に対する不在の伝え方は?